LYRICS

桜舞い

当たり障りないくらいの毎日がちょうどいいのかも
やたら刺激ばかり欲しがると代償も大きくなる
一度走り出したらもう止まれないもう戻れない
後ろ楯や保証があるはずもなく自分信じるだけ

たまに無性に胸が痛いそんな僕の横で

桜の花を見る君はこれ以上ないって程無邪気で
桜の花よりも美しい笑顔でヒラヒラと舞い踊る

慌ただしくめくられていくカレンダー瞬く間に
振り返ってみて初めて我に返るその繰り返し

ちゃんと僕の足跡は消えずに残ってるかな

新しい風が吹く街で人も車も流れていく
置いてけぼりは体だけ 心は舵をとっている

たまに無性に胸が痛いそんな僕の横で
散らばっていた感性のピース 完成させる

桜の花を見る君はこれ以上ないって程無邪気で
桜の花よりも美しい笑顔でヒラヒラと舞い踊る
新しい風が吹く街で人も車も流れていく
置いてけぼりは体だけ 心は舵をとっている

 

work :2008
lyric/music : Akiyama Hiroki
arrangement : homme
Posted in LYRICS